月いち!
コウケンテツさん's レシピ
毎月第一週

料理研究家のコウケンテツさんが毎月マルチグリルを使った特製レシピを紹介!
お料理が苦手な方でも簡単・手軽に作れるおいしいレシピなのでぜひ男性のみなさんもチャレンジしてみてください!

コウケンテツさん

6月のレシピ 日本料理(博多) かしわめし

6月のレシピ 日本料理(博多) かしわめし 鶏肉や刻んだ野菜などをたっぷり ご飯に炊き込んだ、九州の郷土料理。 6月のレシピ 日本料理(博多) かしわめし 鶏肉や刻んだ野菜などをたっぷり ご飯に炊き込んだ、九州の郷土料理。

マルチグリルのPOINT!

え?! こんなに浅いキャセロールでごはんが炊けるの?と驚くかもしれませんが、実はごはんを炊くのは、マルチグリルの得意中の得意技。浅いからこそ、お米が重さでつぶれることなく、一粒一粒がしゃっきりと立ち上がり、もっちりと甘みも充分。そしてなんといっても、米と具をセットして、あとはマルチグリルにおまかせという手軽さも嬉しいポイントです。

かしわめしとは、九州の郷土料理。鶏肉や刻んだ野菜、油揚げ、干ししいたけをたっぷりご飯に炊き込んだ、風味豊かでボリュームのある一品。コウさんが取材で訪れた九州で食べて以来の大好物だそう。鶏肉は骨付きのまま一緒に炊き込むから、旨みがそのままご飯にじんわりとしみ込む。炊き上がったら骨をはずして肉は細かくほぐします。野菜や油揚げを細かく刻むひと手間を惜しまず、ご馳走ごはんを目指しましょう。

材料(2~3人分)

○下味

○A

作り方

作り方1

作り方2

  • 1油揚げはざるにのせて熱湯をかけて油抜きし、縦半分に切って細切りにする。干ししいたけは水につけて戻し、石づきを切って絞り、薄切りにする。米は洗ってざるに上げる。鶏肉はよく洗い、下味をもみ込んで10分ほど置く。にんじんは皮をむいて細切りにする。ごぼうは皮をこそげ取ってささがきにし、酢を加えた水に5分ほどさらして水けをきる。三つ葉は2~3cmに切る。
  • 2キャセロールに米を入れ、Aと鶏の漬け汁に水を足して全部で500mlにして加える。ごぼう、にんじん、干ししいたけ、油揚げ、鶏肉を広げてのせ、ふたをして「ごはん」機能で炊く。
  • 3炊き上がったら鶏肉を取り出してさっくりと混ぜる。鶏肉は粗熱を取って骨を取り除いてほぐし、三つ葉とともにご飯に混ぜる。

メールで送る 印刷する

過去のレシピ一覧

2017年

2016年