野﨑洋光さんがレシピ考案
ガスコンロでふっくら
炊き込みごはん
思い出レシピ

野﨑洋光さん

栗ごはん ーほっこり、季節を運ぶー

栗ごはんーほっこり、季節を運ぶー

私の思い出母が好きだったもの(神奈川県/20代・男性)

亡き母が栗が大好きだったので、秋になると毎晩のように栗ごはんでした。裏山で採れた栗の皮を丁寧に包丁でむいていたのを思い出します。芋、栗、かぼちゃ・・・母が好きだったものは、いつしか家族も大好きに。不思議ですね。

材料

  • むき栗 100g
  • 2合

(a)

  • 昆布出汁 300ml
  • 薄口醤油 30ml
  • 30ml

作り方

  • 1米を洗い、水に15分浸水させ、ザルに上げて15分おき水気を切る。
  • 2栗は2㎝角に切り、熱湯にサッと通しておく。
  • 3鍋に、(1)の米と(2)の栗、(a)を入れて蓋をし、強火にかける。沸騰したら一度箸で全体をかき混ぜ、 火を弱めて7分加熱する。
  • 4鍋に水分が少し残り、米肌が見えてきたら、さらに火を弱めて7分加熱する。
  • 5最後は焦げないように極弱火で5分加熱し、火を消して5分蒸らすし、全体をサックリと混ぜ合わせて器に盛る。

メールで送る 印刷する

野﨑さんのもう一品

野﨑さん

じゃが芋のしらたき炒め

じゃが芋のしらたき炒め

黄色が美しい栗ごはんの上に、青いすだちの皮で彩りを添えました。栗の季節なら青いゆずを使うといいでしょう。もう一品は炒め物でボリュームを。じゃが芋は大きめで食感を楽しみます。

材料

  • じゃが芋 150g
  • しらたき 100g
  • ピーマン 2個
  • 長ねぎ 1本
  • サラダ油 大さじ1

(a)

  • 100ml
  • 薄口醤油 10ml
  • こしょう 少々

作り方

  • 1じゃが芋は8 mm角で5 cm長さの棒状に切り、水にさらしてからザルに上げる。しらたきは適当な長さに切り、茹でこぼしをしてザルに上げ、水分をとばしておく。ピーマンは種を取って細切りにし、長ねぎは5cm 長さの短冊切りにする。
  • 2フライパンにサラダ油を熱し、じゃが芋を炒め、まわりが透き通ってきたら、しらたきを加えて炒め、(a)を加える。
  • 3煮汁を煮詰め、長ねぎとピーマンを加えてサッと絡め、こしょうを振って仕上げる。

メールで送る 印刷する

レシピ一覧