野﨑洋光さんがレシピ考案
ガスコンロでふっくら
炊き込みごはん
思い出レシピ

野﨑洋光さん

鯛めし ー鯛の花びら、潮の味ー

鯛めしー鯛の花びら、潮の味ー

私の思い出時間を越えた兄妹のつながり(福岡県/40代・女性)

久々に帰省した兄が釣ってきた鯛で鯛めしをつくりました。残念ながら、兄は食べる時間がなく、あとでLINE で写真を送ったところ大よろこび。大人になってからはお互いの仕事や家族もあって、なかなか話す機会がなかった兄との久々の触れあいでした。

材料

  • 1サク
  • 少々
  • 木の芽 適量
  • 2合

(a)

  • 300ml
  • 薄口醤油 30ml
  • 30ml

作り方

鯛の切り身はこのくらい、フツフツと米が見える程度のタイミングで入れます。花びらのように散らすときれい

  • 1米を洗い、水に15分浸水させ、ザルに上げて15分おき水気を切る。
  • 2鯛は一口大に切って塩をふり、20~30分おく。熱湯にサッと通して冷水にとり、汚れなどを除き水気をふく。
  • 3鍋に(1)の米と(a)を入れて強火にかける。沸騰してきたらふきこぼれないように火を弱めて蓋を少しずらし、フツフツ沸く状態を保ちながら7分炊く。
  • 4鍋に水分が減って米肌が見える状態になったら(2)の鯛をのせる。蓋をして弱火で7分、極弱火にして5分炊き、火を止めて5分蒸らす。
  • 5(4)の鯛を飾り用に2~3切れ取り出す。炊けたご飯に木の芽を入れてサックリ混ぜ、取り出した飾り用の鯛をのせ、さらに木の芽をのせる。

メールで送る 印刷する

野﨑さんのもう一品

野﨑さん

玉ねぎと胡麻の奴

玉ねぎと胡麻の奴

鯛めしというと御頭つきの鯛のイメージですが、刺身で余った切り身で十分。
まぐろでもおいしくできます。玉ねぎたっぷりの奴と一緒にさっぱりいただきましょう。

材料

  • 豆腐 150g
  • 玉ねぎ 1/4個
  • 炒り白胡麻 適量
  • おろし生姜 適量
  • 醤油 適量

作り方

  • 1豆腐は大ぶりに手で崩し、ザルに上げて水気を切る。
  • 2玉ねぎはみじん切りにし、軽く水にさらしてからザルに上げる。
  • 3器に(1)と(2)を盛り付け、上に白胡麻とおろし生姜をのせて醤油をかける。

メールで送る 印刷する

レシピ一覧