野﨑洋光さんがレシピ考案
ガスコンロでふっくら
炊き込みごはん
思い出レシピ

野﨑洋光さん

さつま芋とベーコンの炊き込みごはん ーボリュームたっぷり、旨みホクホクー

さつま芋とベーコンの
炊き込みごはんーボリュームたっぷり、旨みホクホクー

私の思い出焼き芋より炊き込みごはん!(埼玉県/50代・男性)

チャーハンは脂っぽくて、どうも苦手。でも、これならベーコンの脂がいい具合にお米にしみて、パリッと炊き上がっているような気がして「旨い!」と思った一品です。いまではさつま芋を見ると焼き芋より炊き込みごはんが目に浮びます。

材料

  • ベーコン(スライス) 80g
  • さつま芋 100g
  • 分葱 1本
  • 黒粒こしょう 少々
  • 2合

(a)

  • 300ml
  • 薄口醤油 30ml
  • 30ml

作り方

さつま芋は長さ3cm の一口大。ごろっと大きく食べ応えがあります。水が減り、さつま芋が黄色く右写真くらいになったらベーコンを投入のタイミング

  • 1米は洗って水に15分浸し、ザルに上げて15分おき水気を切る。
  • 2ベーコンは、2~3cm 幅に切る。
  • 3さつま芋は長さ3cm 位の一口大に切り、5分水にさらし水気を切る。
  • 4鍋に(1)の米と(3)のさつま芋、(a)を入れ火にかけ、沸騰するまで中火で炊く。
  • 5沸騰したら中火にして、米肌が見えるくらいになったらベーコンを入れて弱火にし、5分加熱し、さらに極弱火にして5分加熱し、火を止め5 分蒸らす。
  • 6蓋を開け小口に切った分葱と黒粒こしょうをふり、全体をさっくりと混ぜ合わせ、器に盛り付ける。

メールで送る 印刷する

野﨑さんのもう一品

野﨑さん

豆腐と茄子の山かけ

豆腐と茄子の山かけ

ベーコンから旨みと塩味が出るので、甘い味付けのさつま芋料理が苦手な男性にもおすすめのごはんです。
油を使わず植物性素材を中心にした、さっぱり小鉢とともに。

材料

  • 豆腐 1丁
  • 茄子 2本
  • 山芋(大和芋) 50g
  • 生姜 1カケ
  • あさつき 1本
  • 醤油 小さじ2
  • うずら卵 2個

作り方

  • 1茄子は縦2つに割り、皮目を下にして熱湯で茹でる。盆ザルに挟んで重石をして水気を切り、冷ます。食べやすい大きさに切っておく。
  • 2豆腐はザルにあげ、軽く水気を切る。
  • 3山芋は、すりおろす。
  • 4器に(1)の茄子、(2)の豆腐、(3)の山芋をのせ、中央にうずら卵を割り落とし、小口に切ったあさつきを散らす。すりおろした生姜を添えて、醤油をかける。

メールで送る 印刷する

レシピ一覧