マルチグリル
おいしい!ごはん炊こう

マルチグリルでおいしい!ごはんを炊こう

ノーリツの「マルチグリル」は、焼き網のない新型グリル。浅型タイプのプレートパン・深型タイプのキャセロール(※)を使って、焼き物・煮物はもちろん、パスタや揚げないヘルシーフライ、パン・スイーツまで簡単においしく調理できます。

驚きなのは、「グリルでごはんを炊く」を可能にしたこと!その秘密は、下火バーナーがあるから。ツヤツヤの白米から具だくさんの炊き込みごはんまで、とても簡単。「マルチグリルでおいしいごはん」を毎日どうぞ。

※キャセロールは別売りの機種もあります

グリルの中にセンサー付き下火バーナーを搭載

オートメニューの「ごはん」を選ぶだけでおいしいごはんが炊き上がります

※プログレの操作パネル

キャセロールで炊いた
ごはんがおいしい理由

15分程度、しっかり浸水すればさらにふっくら

キャセロールを使うと、ごはんの表面には美味しく炊けた時の目印である「カニ穴」が多くみられます。この「カニ穴」は強い火力で加熱された水蒸気の泡が、下からお米を押し上げた通り道。熱がまんべんなく伝わって炊かれた証です。

深鍋とマルチグリル(キャセロール)を比べると…

深鍋とマルチグリル(キャセロール)を比べると…

深鍋とマルチグリル(キャセロール)を比べると…深鍋とマルチグリル(キャセロール)を比べると…

マルチグリルで
炊き込みごはんを炊こう

マルチグリルでは炊き込みごはんもおいしく炊けます。
炊き方は、マルチグリル専用キャセロールに、洗った米、薄口醤油、酒を入れ軽くかき混ぜて食材を入れるだけ!
あとはマルチグリルにおまかせです。ご紹介した思い出レシピをマルチグリルで炊いてみましょう。

マルチグリル&専用キャセロールで炊くコツ

  • 水分量は多めに通常より水分量はやや多め。
    ぜひ、好みの固さを
    見つけてください
  • 具材は中央に特に火の通りにくいものや
    大きめの具材は下火バーナーに
    近い中央に配置します
  • 具材は小さめに根菜など固いものは
    やや小さめに切ると
    火が通りやすくなります

さつま芋とベーコンの炊き込みごはん

材料

A

作り方

  • 1さつま芋は長さ2cmくらいの一口大に切り、
    5分程度水にさらし水気をきる。
  • 2ベーコンは、2~3cm 幅に切る。
  • 3キャセロールに、洗った米、水400ml、薄口醤油30ml、酒30mlを入れ軽くかき混ぜる。
  • 4さつま芋、ベーコンを入れる。
  • 5蓋をしてマルチグリルに入れ、オートメニュー「ごはん」で炊く。

ワンポイント米は、洗って水に15分浸水させて、ザルに上げて15分水気を切っておくと、さらにおいしく炊き上がります

思い出レシピをマルチグリルで炊く場合の水・調味料の分量(2合炊きの場合)