身体の内側からホルモン美人を目指すなら黒い食べ物に注目! | おうちごはんラボ

おうちごはんラボ お役立ちコラム

ノーリツ公式

身体の内側からホルモン美人を目指すなら黒い食べ物に注目!

ノーリツ公式

健康ブームに便乗し「スーパーフード」や「デトックスウォーター」など、新しいヘルシーフードが次から次へと登場していく今の時代。健康志向の火付け役となった欧米では、ここ数年「ブラックフード」が注目を集めています。黒いハンバーガーに黒いアイス……見た目のインパクトはもちろん、栄養価が高く美容にも良いことから大人気なのだとか。

 

世界的なブームとなっている「ブラックフード(黒い食材)」ですが、日本では古くから親しまれている食材でもあります。例えば、黒豆や黒ゴマ、海苔、玄米、これらは昔からある日本食の定番です。

 

〈黒い食材の一例〉

  • 黒豆
  • 黒ゴマ
  • 黒米
  • 海苔
  • 玄米
  • ワカメ
  • ひじき
  • きくらげ
  • 黒酢

 

 

なぜ黒い食材が身体に良いの?

 

皆さんは普段手に取る「食材の色」について考えたことはありますか?着色料を含まない食材本来が持つ自然の色には、実は栄養素が関係していると言われます。黒い食材の場合はポリフェノールの一種である「アントシアニン」が含まれていることが多く、目の疲れに良いだけでなく、細胞の老化を防ぐ抗酸化作用があるとされています。さらに、豊富に含まれた「ビタミン」や「ミネラル」が乱れた体内バランスを整えるという効果も期待できるため、結果として健康に繋がるのです。日本はもちろん、中国でも薬膳料理として使われていることからアジア圏では歴史ある食材なのです。

 

 

黒い食材が苦手ならデザート仕様にするのもOK

 

黒豆や黒ゴマなど、黒い食材を使った料理がそんなに好きではない……という人は、より食べやすい食材をセレクトすることもできます。例えば、プルーンやブルーベリー、レーズン、黒砂糖、これらも「黒い食材」の仲間。ヨーグルトやシリアルに混ぜて食べれば好き嫌いが多い人でもスムーズに取り入れられるのではないでしょうか。

 

最近では、食材ごとにアレンジレシピがSNS上で公開されていますので、気になるレシピをチェックして実際に挑戦してみるのも面白いかもしれません。たとえ苦手な食材であったとしても、一度でも「美味しい」と感じれば食材に対する抵抗感もなくなってしまうもの。黒の力でホルモン美人を目指してくださいね。

 

おうちごはんラボでも、簡単に作れる黒い食材を使ったレシピを公開していますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

大豆入りひじきの煮物

https://www.mainichigrillbu.com/ouchigohan/recipe/2234/

 

 

 

参考:

栄養BOX

https://www.fashion96.com/

 

マルチグリルに関する
お問い合わせ