震災を乗り越え、水産業界を変革する若き力。宮城県女川町で養殖銀鮭「銀王」を育てる「株式会社マルキン」 | おうちごはんラボ

おうちごはんラボ お役立ちコラム

オフィシャルメンバー

震災を乗り越え、水産業界を変革する若き力。
宮城県女川町で養殖銀鮭「銀王」を育てる「株式会社マルキン」

オフィシャルメンバー 旅人料理編集部

 

忘れもしない2011年3月11日の「東日本大震災」。宮城県は甚大な被害を受けた地方の一つであり、ここに住む人々は想像を絶する悲しみや怒りを乗り越えてきました。

 

そんな宮城県の女川町で生まれ育ったのが、銀鮭の養殖・販売や牡蠣・ほたての販売等を行う「株式会社マルキン」の常務取締役の鈴木真悟さんです。

 

日本有数の漁港「女川漁港」があることでも知られる女川町で、親子三代で漁業を営む鈴木さんに、お話を伺いました。

 

 

 

価格競争を脱するために。「マイナス」からのスタート

学生時代は漁業にややネガティブなイメージを抱いていたことから、東京の食品会社に就職した鈴木さん。しかし、配属されたのは宮城県の気仙沼で、土地柄、扱う食品も海産物が多かったと言います。そこで鈴木さんが目の当たりにしたのは、激しい「価格競争」の実態でした。

 

「どんなにいいものを作っても値段の安さでしか評価してもらえず、高いものは売れません。これでは、高品質なものはどんどん廃れてしまうだろうと、サラリーマンながらに感じました」

 

「大手ならではのスケールメリットでしか勝ち抜けない。」そんな水産業界をどうにか変えたいと思っていた矢先に東日本大震災が起こり、鈴木さんの仕事も一時ストップしてしまいました。

 

復帰の目処が立たず、他の地域に転勤になると言われた鈴木さんは、いさぎよく退社を選択。津波で何もかもが流され、流通がリセットされてしまった地元の女川町に帰って、家業を手伝うことを決めたのです。

 

「0からではなく、マイナスからのスタートでした」と、鈴木さんは当時を振り返ります。養殖施設や船の修復で、とんでもない額の借金を抱えただけでなく、風評被害で魚の流通がストップ。ようやく売れても想定コストの半額以下という厳しい状態が続き、倒産寸前の崖っぷちに追い込まれました。

 

それでもあきらめずに、こだわりの銀鮭「銀王」をはじめ自社の海産物の品質をアピールし、粘り強く営業を続けた鈴木さん。その努力が功を奏し、徐々に高値で買い取ってくれるクライアントが増えていきました。

 

無我夢中でピンチに立ち向かったことで、少しずつですが周囲の水産業界の流通が変わっていったのです。

 

 

おいしい魚かどうかは「売り方」を見るとわかる

鈴木さんの祖父にあたる、マルキンの代表取締役の鈴木欣一郎さんは、日本で初めて銀鮭の養殖を成功させたパイオニア。1977年以来、40年以上にわたって銀鮭を作りつづけ、今現在も現場で働いているというから驚きです。

 

鈴木さんは一から祖父に養殖を習い、今では現場の管理を任されるまでになりました。

 

養殖の銀鮭は、毎年11月頃に卵から孵化させるところから始まり、10cmぐらいになるまでは山の中で育てます。その後、海に移し、毎日エサを与えて成長させ、翌年の3月頃から出荷。水揚げは7月いっぱいまで続きます。

 

「銀鮭のエサは魚粉や魚油といった魚由来の原料にこだわり、その他の動物性原料は使いません。また、魚は締め方で味が変わるため、加工も自社で行い、高い品質を担保しています」と鈴木さん。

 

養殖から加工まで自社一貫生産だからこそ、トレーサビリティ(※)が確立されたおいしくて安全な銀鮭ができあがる。これこそ、マルキンの最大の強み。高品質で新鮮だからこそ、「銀王はサーモンとして食べてみてほしい」と鈴木さんは力説していました。

 

※トレーサビリティ

食品の安全性のため,飼育から加工・製造・流通などの一通りの過程を明確にすること。

 

また、おいしい鮭の見分け方を伺ったところ、鈴木さんから返ってきたのは「売り場の見せ方を見てほしい」という意外な答えでした。

 

単純に切り身が並べられている売り場ではなく、その食材の生産者の情報やおいしい食べ方を消費者にわかりやすいように伝えている売り場こそ、バイヤーにこだわりがある証拠なんだとか。

 

「魚は調理が難しいイメージが強く、販売する際に食べ方を説明してあげることが必要だと思うんです」という鈴木さん。確かに、料理が苦手な人こそ魚売り場を避ける印象があるかもしれません。

 

だからこそ、「おいしい魚を食べてほしい!」という熱い思いが伝わるような売り場展開をしているお店を見つけてほしい、と鈴木さんは話してくれました。

 

よりおいしい食材や食べ方を見つけるために、いつも行くスーパーやデパートで売り場の工夫を注意深く見てみると、発見があるかもしれません。

 

 

おかずに最適!フライパンで作るお手軽な銀鮭レシピ

実がギュッとつまっていて、適度に脂がのった鮮やかなオレンジ色の銀王。刺し身で食べたり、焼き鮭にしたりしても、もちろんおいしいのですが、ちょっと飽きたときにおすすめのメニューを鈴木さんが教えてくれました。

 

「フライパンで作る銀鮭のホイル焼き」です。

 

鈴木家では定番のおかずで、マヨネーズとからしマヨネーズを混ぜて味付けしているそう。お手軽なのに、野菜と魚がたっぷり食べられて、家族みんなに喜ばれることまちがいなし! 晩酌のお供にもぜひ。

 

フライパンで作る銀鮭のホイル焼きのレシピはこちら

 

 

若き漁師たちの革命「フィッシャーマン・ジャパン」の取り組み

鈴木さんにはマルキンの常務取締役としての顔以外に、もう一つ顔があります。「漁業をカッコよく」をコンセプトに集まった東北の若手漁師集団「フィッシャーマン・ジャパン」の理事を担っているのです。

 

同団体は「キツイ、汚い、危険」という従来の3Kではなく、「カッコいい、稼げる、革新的」の新3Kを実行する水産業のトップランナーになることを活動理念とし、2024年までに三陸に多様な能力をもつ新しい職種「フィッシャーマン」を1,000人増やすことをビジョンに掲げています。

 

水産業界で若手と言われる30代前後のメンバーを中心に17名で構成されており、ワカメ漁師、ノリ漁師、ホタテ漁師など多彩な顔ぶれ。

 

フィッシャーマン・ジャパンでは、空き家を買い取って漁師を育成するシェアハウスや、漁師から直送された旬の食材をいただける居酒屋「魚谷屋」を運営するほか、次世代の流通モデルを作るBtoB事業なども手がけています。

 

さらに、同団体とタッグを組みマルキンが推し進めているのが、2020年を見据えた「養殖漁業改善プロジェクト(AIP)」。これは環境に負担をかけず、地域社会に配慮して操業している養殖業に与えられる「水産養殖管理協議会(ASC)」の認証取得を目指す、日本初の取り組みです。

 

「実は今、日本では昔採れていたような大きくて立派な魚が採れなくなっていて、その原因の一つが環境汚染だと言われています。このままでは漁業を続けていくことができなくなってしまうため、一刻も早く状況を改善する必要があります」

 

鈴木さんは、このように現状の課題を明かしてくれました。諸外国に比べると日本の水産業界は環境保護への対応が遅れていて、世界的な水産エコラベルであるASCを取得している企業は片手に収まるほどしかないのだそう。

 

しかも、オリンピック選手に提供する海産物は、このASCを取得している企業のものでなければいけないというルールがあるため、このままでは2020年のオリンピックで国内の海産物を使えないという問題も浮上していると言います。そのため、2020年を目指して改善プロジェクトを全力で進めているとのこと。

 

最後に鈴木さんが描く理想の未来像を伺ったところ、「水産業界をカラフルにしたい」との答えが。

 

「業界内だけですべてが完結していた従来の閉鎖的な世界ではなく、ITやファッションなど、あらゆる垣根を超えて水産業界に関わる人を増やしたい。新たな色がどんどん増えて、カラフルな業界になればいいなと思っています」

 

マイナスからのスタートを不屈の闘志で乗り越え、今、鈴木さんが見つめるのは、カラフルに彩られた次世代の水産業界。熱い情熱を秘めた若き力が、どのような革命を巻き起こすのか。今後の挑戦と飛躍を期待するばかりです。

 

 

 

マルチグリルに関する
お問い合わせ