おいしい柑橘を生涯つくり続けていきたい! ~南予の自然とともに柑橘名人がつくる甘さたっぷりの極上みかん「甘平(かんぺい)」 | おうちごはんラボ

おうちごはんラボ お役立ちコラム

オフィシャルメンバー

おいしい柑橘を生涯つくり続けていきたい!
~南予の自然とともに柑橘名人がつくる甘さたっぷりの極上みかん
「甘平(かんぺい)」

オフィシャルメンバー 旅人料理編集部

愛媛県は言わずと知れた、日本有数の柑橘生産地。県内ではさまざまな種類の柑橘が栽培されていますが、厳冬期に人気なのは、1月下旬~2月にかけて収穫される「甘平(かんぺい)」という品種のみかんです。まだ愛媛県内でしか栽培されていない甘平は、栽培方法が難しいことから流通量が少なく、キログラムではなく個数単位で値段がつけられているほどの高級品種です。

柑橘類は自腹で買わず、おすそ分けをいただくのが当たり前の愛媛ですが、甘平だけは例外!ついふらふらと財布を開き、その値段に躊躇することなく「どーん!」と買ってしまうほど、とてつもなくおいしい柑橘なのです。ジューシーでぷるっぷるん、濃厚な甘さの果肉がぎっしりつまったみずみずしい甘平は、「愛媛の宝」と呼んでも過言ではないでしょう。

このおいしさの秘密をもっと知りたいと思い、愛媛南予地方の宇和島市にある「甘平」の栽培農家を訪ねました。

 

 

愛媛が誇る高級柑橘「甘平(かんぺい)」 

甘くて平べったい形をしていることから名づけられた「甘平」。

2007年に新品種として登録され、愛媛県内でのみ栽培を許可されている高級柑橘です。写真左の温州みかんと比べると、その大きさが分かりますよね。(このクラスの甘平だと愛媛県内のスーパーでは、だいたい1個600円くらいで売られています。)

 

この大きな実の中いっぱいに、甘さたっぷりの果肉がぎっしりと詰まっています。

これを半分に切ってみましょう!

 

果肉を包んでいる皮がとても薄く、外皮と果肉の見分けがつかないほど!こんなに大きいのに種がなく、皮がむきやすいのもうれしいポイントです。

同じ高級柑橘の「紅まどんな」よりも甘さが際立ち、奥深い味わいです。ぷるっぷるな食感と、口いっぱいに広がるジューシーでさわやかな甘さが特徴の甘平。
「甘平を食べたら他の柑橘は食べられない!」と思うほど、濃い甘さがたっぷりの超絶おいしい柑橘で、「愛媛の宝」と呼ばれるのも納得のお味です。

 

ジューシーな甘平を使った、かんたんスイーツ「甘平のレアチーズ」のレシピはこちら。

 

 

柑橘づくり約50年の大ベテラン、三浦義博さん

このおいしい甘平を作っているのが、宇和島市に住む三浦義博さん。約50年前から柑橘栽培の道に入り、今年で73歳になる三浦さんは、「柑橘名人」と呼ばれる大ベテランの柑橘専業農家さんです。

三浦さんが育てる柑橘類はおいしいと評判で、JAを通して市場に出荷している以外にも、直接三浦さんを指名して購入する果物店やレストランなど、リピーター顧客を数多く抱えています。

 

三浦さんが柑橘栽培を営む宇和島市は、松山市から車で1時間半ほど南に走ったところに位置する南予地方の中心都市。

宇和海をのぞむ宇和島市西部の山々に、約3.5ヘクタールの柑橘畑を持つ三浦さんは、全畑の約10分の1に、300本ほどの甘平を育てています。

収穫1か月くらい前からひとつひとつの実に黒いネットがかけられます。

 

こうすることで獣害を防ぎ、オレンジ色の濃い、きれいな甘平が育つのだとか。手間はかかりますが、なるべくネットを付けた状態で収穫し、数日間倉庫で休ませると、甘味がいっそう強くなるのだそうです。

 

毎年1月の終わりには、 奥さんと息子さんの他、3人ほどの人にお手伝いをお願いし、1週間ほどかけて甘平の収穫を行っています。

 

甘平栽培で最も重要な水の管理

▲鮮やかなオレンジに色づき、実の中いっぱいの果肉で枝もたわわにぶら下がっている甘平の実。

 

「おいしい柑橘をならすためには、水を与えすぎないことが大切です。」

と三浦さん。

しかし、外皮が薄い甘平の場合、水が足りないと中の果肉に押されて外皮が割れてしまうので、より正確な水分管理が求められます。

 

▲点滴灌水に使われるホース。

 

そこで、栽培に欠かせないのが「点滴灌水」というシステム。一定の間隔でホースに小さな穴が開いており、ここからじわじわと、必要最低限の水が甘平の木に与えられます。

 

おいしい実をつけるには、この点滴灌水システムが不可欠。三浦さんの甘平畑には、点滴灌水のホースが一面に設置されています。

 

木や地面の状態を見ながらベストなコンディションの実をならせるために、様々な工夫を凝らし、しっかりと計算された水量が与えられています。細やかに手入れをし、適切な水分管理をしてあげることがとても重要なのです。

 

 

作業のお供は愛媛のゆるキャラ!

ホースの片付けをしている三浦さんを見ていると、何やらポケットから緑のものがぶら下がっていることに気が付きました。

 

そのぶら下がっていたマスコットは、愛媛のゆるキャラ「みきゃん」の天敵、「ダークみきゃん」!

元々はみきゃんを付けていたとのことですが、少し前にみかん畑で三浦さんが作業をしている間に行方不明になってしまったとのこと。

「同じのを付けるのも面白くないもんだから、今度はこのコにしたんだよ。悪そうなところがいいよねぇ~」とおちゃめな三浦さん。

 

愛媛のゆるキャラ「みきゃん」は、柑橘農家の三浦さんが愛する柑橘の妖精。

奥さんが言うには、三浦さんがいるところにはだいたい、みきゃんかダークみきゃんがいるとのこと。作業で使うトラックのフロントガラスにも、奥さん手作りの「みきゃん」がいました!

 

 

 

特製のいりこ入り肥料で木をねぎらう

▲コンテナに詰められた三浦さんオリジナルの肥料

 

ここでも三浦さんのスゴイ工夫が光ります。木を回復させるため、三浦さんオリジナル肥料には、なんと「いりこ(煮干し)」が入っているとのこと!

おいしい実を成らせたご褒美に栄養たっぷりのいりこを与えるということで、三浦さんの愛情の深さが伝わります。

いりこ入りの肥料を与えているのは、宇和島周辺では三浦さんのところだけ。いりこ肥料は手間もコストもかかるので、他の農家さんが真似したいと思ってもなかなか難しいのだそうです。

 

 

隣町、吉田町に甚大な被害をもたらした西日本豪雨災害

肥料コンテナの脇に置かれていたこの大きなタンク。用途を尋ねたところ、昨夏の西日本豪雨災害時に大きな被害を受けた隣町、宇和島市吉田町の農家へ水を運ぶのに使われたとのことでした。

 

▲宇和島市吉田町 2018年8月撮影

 

愛媛みかん発祥の地とされる宇和島市吉田町は、2018年7月の西日本豪雨災害で甚大な被害を受けました。おいしいみかんを実らせるはずだった柑橘の木々は、山の緑の中にあちこち茶色の筋を残し、むき出しになった山肌の土砂とともに、崩れ落ちてしまいました。

 

▲宇和島市吉田町 2018年8月撮影

 

至るところでみかん山が崩れてしまった吉田町。町の広域にわたって土砂崩れや冠水が発生し、何人もの尊い命が失われ、災害派遣の自衛隊が入る未曾有の大災害でした。かろうじて残った柑橘の木々もありましたが、手入れをする余裕など全くありませんでした。

さらに町内の浄水場までが被災してしまったため、吉田町内では7月7日の被災日から8月中旬まで、暑い中で1か月半以上も水道が使えないという危機的な 日々が続きました。

 

▲左山の一番奥、青い頂をほんの少しだけ見せているのが吉田町の山

 

仲間の窮状をなんとかせねばと、近隣の農家たちはタンクいっぱいの水をトラックに積み、断水が解消するまでの間、毎日数トン、吉田町のみかん山まで届けていたそうです。

「宇和島の山も崩れたけど、吉田とは被害の規模が違う。わしも50年柑橘をやっとるけど、あんなひどい山崩れがいっぺんにおきよるなんて思いもしなかったけん……」

西日本豪雨災害から半年が過ぎましたが、吉田町の被災農家が置かれている状況は依然、厳しいまま。町周辺のみかん山の復興には、20年以上かかるともいわれています。

 

 

おいしい柑橘を生涯つくり続けていきたい

太陽の光と潮風をいっぱいに浴びて育つ、甘くてジューシーな愛媛の柑橘。私たちがおいしい柑橘を食べることができるのは、自然の恵みと三浦さんたち柑橘農家の努力があってこそなのです。

「わしの一番の財産は健康!これからも足腰丈夫で、みんながおいしいって喜んでくれるみかんを生涯現役で作っていたいんよ!」

名人と呼ばれる人は、技術はもちろん、その人自身にパワーがあるものです。元気ハツラツの三浦さんは、73歳とは思えないほど軽々とした身のこなしで、今日も柑橘のお世話をこなしています。

 

マルチグリルに関する
お問い合わせ