日本酒のペアリングと器 | おうちごはんラボ

おうちごはんラボ お役立ちコラム

オフィシャルメンバー

日本酒のペアリングと器

オフィシャルメンバー滝野香織さん

前回、前々回と日本酒について書きましたが、今回は日本酒の種類を踏まえた2点に注目。

 

どんなペアリングか?(お酒に合わせる食事やおつまみ)どんな器がオススメか?日本酒のトレンドについて書きたいと思います。

 

 

まず日本酒といえば、口細で独特の形をした厚みのある陶器素材である「徳利(とっくり)」とお酒を注ぐ「お猪口(おちょこ)」のセット。日本酒は温度の変化で味が変化すると言われるが故に、徳利は注ぐ時に手で握っても手の温度が伝わりません。また、口が細いのは香りが逃げすぎないようにするためです。熱燗を楽しむときもそのまま湯で温め、温度をキープできる利点もあります。対するお猪口はお酒を少量しか注ぐことができず、こちらも手の温度が伝わりにくいという利点があります。つまり、大量に注ぐと空気や温度で味が分散して飛んでしまうお酒はお猪口が向いているというわけです。

 

お猪口の口径もさまざまですが、大きい口径のものは酸素に触れる面積が広いので、早く酸化します。酸化すると香りが出るので、口径によって香りの出方は異なります。熱燗はアルコールの匂いがきついため、大きい口径のお猪口で適度に匂いを飛ばして飲むのがおすすめです。お猪口に適した日本酒なら、やはり味がしっかりして濃いものが合います。くっと一口で飲み干すと、口の中の残り香がしっかりあるような、繊細さと芳醇さを感じさせる酒がオススメです。

 

今日では、ワイングラスで日本酒を飲むスタイルもすっかり定着してきました。高さがあるワイングラスは、その分香りが内側にこもりやすいためお猪口で飲むよりも繊細な香りまで掴むことができると言われており、長時間にわたって香りを楽しむことができます。また、グラスは口あたりが薄くて口径も異なるため舌への広がり方が変わることから、お猪口と違う甘みと酸味を感じられるそうです。透明で底も深いグラスは色味やにごり、粘度がわかりやすいと言われていますが、日本酒をワイングラスで飲むなら第一に美味しい冷酒であること。米の香りがしっかりしていて味わいの深い純米酒がおすすめです。他にもフルーティーな香りと軽い口当たりが特徴の大吟醸や吟醸酒は、ワインのようにグラスを回して空気に触れさせることで香り高くなるので、むしろお猪口よりワイングラスの方が適しているように思います。唇に当たる感じも陶器よりも薄いガラスの方が繊細さを引き立ててくれるような雰囲気さえします。

 

日本酒のあてなら、刺身や塩辛など海の珍味がやはり抜群に合います。魚介類の生臭さをスッと流してくれますので魚介類は淡麗辛口の日本酒が最適です。反対にこってりとした肉料理は濃醇な味わいが特徴の純米酒が合います。うま味を味わう和食の煮物には、うま味の醇酒。洋食と合わせるなら香りがフルーティーで酸味のある白ワインのような日本酒が合います。加えてチーズと日本酒も侮れません。どっしりした熟酒との相性は、ワインでは知りえないチーズの魅力を発見できるでしょう。ちょっと趣向を変えてチョコレートとのペアリングもトレンドです。甘口でフルーティーで口当たりの軽い日本酒と高級なチョコレートの相性は、まさに新しい美味しさです。

 

 

日本酒の世界は深く難しいこともありますが、器やペアリングで味わいが変わることを楽しんでみてください。

 

 

参考 「SAKEVIVO」WEB

「KURANDO」WEB

「NOMOO」WEB

マルチグリルに関する
お問い合わせ