おうち薬膳 | おうちごはんラボ

おうちごはんラボ お役立ちコラム

オフィシャルメンバー

おうち薬膳

オフィシャルメンバー戸根美知子さん

『医食同源』という言葉をご存知でしょうか。

これは、病気の治療も、日常の食事も、身体の健康を保つために欠かせないものであり、源は同じということです。薬膳の考え方は、この言葉に似ています。

 

日々の食事により、身体を整えて病気を予防すること。

そして、身体の声に耳を澄まし、何か異変を感じたらその症状に適した食材を摂ることにより、症状を改善させること。

 

こうして読むと、日ごろから意識している方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。『薬膳』と聞くと漢方や精進料理を想像しがちですが、日本人が昔から自然に振舞っていた食生活がそのまま『薬膳』につながる部分はたくさんあります。

 

4月は新年度で、生活が変わる方も多い時期。

新しい環境は楽しみでもありますが、緊張や不安から体調を崩しやすい季節です。春先の体調を整えるためにも、おうちでできる簡単な『薬膳』、取り入れてみませんか?

 

旬のものをいただく

一年を通して手に入る食材が増えてきた今、旬というのは見落とされがちです。けれども旬の食材にはそれぞれの季節に適した効能を持つ大切なもの。

 

土地のものをいただく

その土地に伝わる郷土料理。

古くから受け継がれ今も変わらず食べられていますが、熱い土地では体の熱を逃してくれる食材を使った料理、寒い土地ではその逆など、その土地での生活に適した食が多いとされています。まさに先人の知恵ですね。

 

春の薬膳

日に日に暖かくなる春ですが、天候が不安定で気が乱れ、肝機能も乱れがち。カッカッと頭に血が上って、ついイライラしてしまう……。そのようなときは、冬の間にたまった毒素を外に出してくれるふきのとう、たらのめ、セロリ、春菊など肝の働きをよくする食材がおすすめです。また、気の巡りをよくするためには酸味のある食材も有効。酢や梅干しを料理に取り入れることで、ストレスを解消させ、イライラを鎮める効果が期待できます。

 

 

ちょっと身体の調子が悪い、気持ちが沈むという方がいらっしゃいましたら、スナック菓子を食べたり外食したりするのをちょっとお休みしてみませんか。身体にやさしい、旬の食材をたっぷり使ったおうち薬膳がおすすめですよ。

 

セロリを使ったレシピはこちら

 

参照図書:台所薬膳(万来舎)

マルチグリルに関する
お問い合わせ