ノンアルコール飲料でも子供は飲んじゃダメ!その理由は?

ビールやカクテルなど、アルコール分1%未満のノンアルコールドリンクが多くのメーカーから登場していますが、ふと疑問に思うのが未成年も飲めるのかということ。

近年はアルコール0.00%と表示されているものも多く、清涼飲料水のジャンルで括られている場合もあります。

一般的にノンアルコール飲料を未成年が飲むことはNGとして知られていますが、

ホームパーティを盛り上げるシャンメリーはどうなのでしょうか?

詳しくご紹介します。

未成年のアルコールが禁止の理由

そもそも日本では「20歳未満」となる未成年の飲酒が法律で禁止されているのはご存知の通り。

法律で禁止されている背景には、未成年へのデメリットがあります。

・脳の発達に影響を及ぼす脳障害が起きる可能性がある

・成長に欠かせない性ホルモンに影響を与える可能性がある

・急性アルコール中毒やアルコール依存症につながりやすい

・肝臓やすい臓など病気のリスクが高まる

・性格や心理的な発達に影響を与えてしまう

・社会性への影響や性犯罪、暴力行為などにつながる可能性がある

体が成長過程にある未成年は、アルコールの分解がうまくできないことをはじめ、上記のような悪影響が考えられることから未成年の飲酒は禁止されています。

未成年のノンアルコールも×

アルコール0.00%のノンアルコールビールやカクテルであれば「法律」という観点から考えると飲んでOKという解釈になります。

とはいえ、ノンアルコールビールやカクテルは、「お酒の味」を意識して作られた清涼飲料水。

法には触れていませんが、多くのメーカーが20歳以上の成人が飲むことを想定して商品を開発しているため、未成年がノンアルコール飲料を飲むことは推奨されていません。

人工添加物を含む飲み物であり、未成年が摂取することは体の成長に影響を与える可能性もあります。


また、ノンアルコールを未成年に販売しないよう、国税庁が「未成年にノンアルコール飲料を販売しない」という通達を出していることも背景としてあります。

追加清涼飲料水のノンアルコール飲料はアルコールコーナーに置いてあり、子どもが飲んでしまう懸念を避けるためでしょう。

購入時に年齢確認を行うなど、各スーパー・コンビニが、自主規制を行っているというのが現状です。

シャンメリーは飲んでも大丈夫?

シャンメリーは炭酸飲料ですので、炭酸が飲めるお子さんなら飲ませても大丈夫です。

ただ子ども向けに製造されていないシャンメリーはアルコールを含むことがあるので注意が必要です。

日本のお酒の定義はアルコール度数1%以上の飲み物のことで、シャンメリーにもアルコール度数1%未満のものがあります。

シャンメリーは甘い味をしていますが、炭酸のと良さや風味は異なります。

子どもには飲みにくい味のものもあります。

可愛いキャラクターの書かれたパッケージのシャンメリーは子ども向け、お酒風のパッケージのシャンメリーは大人向けと選ぶ目安になります。


ホームパーティにシャンメリーを用意すると、より特別感の演出できそうですね。

お子さんと一緒に特別な料理を準備するのもおすすめです◎

毎日グリル部からお子さんと一緒に作れるレシピを抜粋してみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

火を使わずにお子さんと作れる!カップちらし寿司

<レシピの詳細は画像をタップしてください↑↑↑>

ツナナゲット

<レシピの詳細は画像をタップしてください↑↑↑>

デコレーション不要!パーティーにもおすすめ☆たっぷりいちごのスコップケーキ

<レシピの詳細は画像をタップしてください↑↑↑>

おうちパフェ

<レシピの詳細は画像をタップしてください↑↑↑>

20歳未満がノンアルコール飲料を飲まないことは、未成年の段階から「飲酒の習慣をつけない」「本物のアルコールへの興味を高めない」と言った目的もあります。

頭ごなしに「ダメ」と伝えるのではなく、なぜ飲まない方がいいのか未成年の理解を得ることも大切な教育のひとつではないでしょうか。

毎日の調理時間をもっと楽しく便利に「つなぐレシピ」のご紹介

献立探しから段取り、調理の記録まで、スマホひとつで叶うアプリ「つなぐレシピ」がノーリツから登場✨

▼「つなぐレシピ」はこちら

https://tsunagu-recipe.app/

参考

アサヒ

月桂樹

ノンアルコールビールは未成年が飲んでもいいの?公式メーカーの回答を踏まえて徹底解説!

シャンメリーとシャンパン、何が違う?どう違う?

なぜ清涼飲料水の棚にノンアルコールドリンクが置いていないのか?

公開日:2022.5.18

更新日:2024.6.28

更新日:2024.7.17

タグ

    オススメコラム・特集

    このコラムに関連するコラム