サンタさん卒業の話

<p>娘が6年生になったとき、</p> <p>親の私たちは「サンタさん」を卒業することにしました。</p> <p>&nbsp;</p> <p>6年生になった娘が</p> <p>悪い子だったというわけではなく、<br />決してなく。<br /><br />12歳で、もう大人の仲間入りを少ししている娘と<br />これからのクリスマスは<br />サンタさんからのプレゼントでなく<br />家族で プレゼントを贈り合おう。<br />と 決めました。<br /><br />サンタさんからの卒業は<br />中学生になってから・・・と思っていましたが<br />娘のお友達もサンタさんの正体を知っている子ばかり。</p> <p>そして彼女も、なんとなく気づいている様子。<br />親に気遣って なんとなく 信じている&rdquo;フリ&rdquo;をしてくれるのも </p> <p>ちょっと苦しくなってきているのもあって</p> <p>6年生の冬に卒業を決めました。<br /><br />そしてお手紙を書きました。<br /><br />今まで あなたのサンタさんになれて<br /><br />お父さんも<br />お母さんも<br /><br /><br />本当に<br />本当に<br />本当に<br /><br />幸せでした。<br /><br />11回、あなたのサンタさんになれたことが<br />お父さんと<br />お母さんにとって<br /><br />最高のかけがえのない<br />クリスマスプレゼントでした。<br /><br /><br /><br />あえて 切手を貼って郵便屋さんに運んでもらった<br />サンタさんからの 娘への 最後のお手紙。<br /><br />12月の初めに彼女に&ldquo;サンタさんからお手紙だよ?&rdquo;と渡して<br /><br />読み終えた娘は<br />ちょっと 笑って<br /><br />&rdquo;・・・だいすき。サンタさん&rdquo;と言いました。<br /><br />&rdquo;だいすき&rdquo;<br /><br />の言葉に<br />11年分の<br /><br />たくさんの<br />本当に<br />本当に<br />たくさんの<br /><br />思い出があふれてきて<br /><br />サンタさんでなくなることが<br />ちょっと寂しくて<br /><br />あんなに小さかった娘が<br />大きくなったことが<br /><br />ありがたくて<br />幸せで<br /><br />なんて言葉を返していいのか<br />わからなくなって<br /><br />&rdquo;サンタさんも・・・あなたが・・・ だいすきだよ。&rdquo;と<br /><br />と返しながら<br />泣いてしまいました。<br />・・・<br />頭を よしよしとなでで<br /><br />なぜか慰めて(?)くれる娘も<br />・・・泣いていて<br /><br />泣き顔を見て笑い合いました。<br /><br /><br />12月の初めに<br />娘からもらった<br />&rdquo;だいすき&rdquo;という言葉。<br /><br />お父さんとお母さんの<br />その年最高のクリスマスプレゼントでした。<br /><br /><br />メリークリスマス!!!</p> <p>幸せなサンタクロースでいさせてくれて</p> <p>ありがとう。<br /><br /></p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p>参考:なし</p>

オススメコラム・特集

このコラムに関連するコラム